日本に世界最大のファンドが上陸した。その名はブラック・ストーン。

このファンドグループは近く日本に支社を設立予定。事業計画を来月発表予定である
その事は、日本の経済がまだ大丈夫だという事を示すのではないか?

このファンド会社は、今年の4月に全日本空輸が所有するホテルの買収案件で入札に参加した。その際にはモルガン・スタンレーが落札した。

最近の大きな買収案件はパリス・ヒルトンの親が所有するヒルトン・ホテルを260億ドル(約3兆円)で買収した。

今年の6月には中国政府から30億ドル(約3600億円)の融資を受けている。
株を10%以下で4年以上所有する予定である。

しかも、ニューヨーク証券取引にも上場しており、日本法人を設立すると自社株を大火に日本企業を買収する三角合併が活用できるので日本企業にとっては脅威となる。

これは、このファンド会社を通じて、日本の企業を買収する準備段階なのであろうか?

うかうかしていられないね。


当ブログ内の会社名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 09:50│clip!時事ニュース