私のボロボロのBMW <バルコムからBMWジャパンへ>

かれこれ、乗り続けて19年になる325i。このBMWのコードナンバーはE30。バブルの頃は六本木カローラと呼ばれていた頃のもの。年式は1988年モデル。距離はすでに18万8千キロと結構走った。こんだけ乗っていると車に体が馴染んでおり乗り換える気にならない。

最初のBMWはバルコムがディーラー物で323iのマニュアルであった。

ボディカラーはハンナー・レッド。朱色に近い色合いである。このBMWはとてもクラッチが重く、1時間くらいのノロノロの渋滞にはまると足がけいれんし、しばらく運転できなくなる代物だった。

乗り続けたかったが、この車は雪道でスピンして、大破してしまい中古で同じ型のBMWを購入した。今度のはBMWジャパンのディラー物の為メンテンスが楽になった。

バルコム物のBMWは、まま子扱いされ修理を嫌がる所もあった。

この頃のBMWはかれやこれや、いろいろメンテナンスをしてきたが、エアコンが弱い。エアコンが壊れやすい。一番参ったトラブルはエンジンのタイミングベルト切ってしまった事だ。
こうなるとエンジンは修理をしない限り2度とエンジンが掛からない。
若くてお金がなかったので4Kmを相棒と一緒に押して家まで帰った事がある。いくら金が無いからって押して帰る事はないやん。と今でも思っているが当時は、故障したBMWを置いておきたくなかった一心である。今はそんな事はできません。

最近のBMWの3シリーズ(E46)はといっても5年経ったが、故障もほとんどないし、エアコンも良く効くという評判だ。これはオーナーに聞いたので間違いはないだろう。

そんな話を聞いてから、新聞のチラシで見たBMWバリューローンでは、少し食指が動いた。すぐに手が届く値段であーる。欲しい!!!


1980年まではバルコムトレーディングがBMWの日本総輸入元だった。
1981年にBMWジャパンができて日本総輸入元となった。

当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 11:26│clip!自動車