アメリカのテレビ番組からドラマが消える。これは困る!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20071101-00000104-jij-int

うーむ。やはり個人主義のアメリカだな。
日本の労働組合と違い職業別の労働組合があるわけだ。
今回は組合に所属する1万人以上の脚本家が招集しストを行うそだが、売れてる脚本家ってごくごく一握りじゃないの?

私の好きなTVドラマの脚本家は、ほとんどジェリー・ブラッカイマーですもん。
CSI、CSIニューヨーク、CSIマイアミ、FBI失踪者を追えなど。

ハリウッドの事だからこのさい脚本家組合に入っていないド新人を雇ってこれまでにない脚本を書いて大成功するかもしれないね。

もしアメリカのTVドラマがつまらなくなっても、英国のテレビ番組やフランスのテレビ番組は捨てたもんじゃないし、楽しめる。

日本ではアメリカのテレビ番組が、まるで日本のテレビ番組のように多い。これは普通ではないのでは?

昔、セサミストリートがそのまま全部放送できるのは日本だけという事を聞いたことがある。他国では、その国の思想と違うシーンはカットするそうです。例えば、レディ・ファーストはだめなど。

しかし、ストライキの行方はどうなるのかな?
興味はある。願わくは、win-winの関係で終わってほしいものだ。