Wiiがとても売れている

巷では任天堂のWiiがとても売れている。
SONYのPlayStation3をぶっちぎってダントツである。

このWiiの勝因は誰でも簡単にゲームができる事と購入コストが安いことにあると思う。

コントローラは棒を振り回す方法でコントロールできるのだから誰でも直感的に使える。押しボタン式のコントローラだと各ボタンごとの機能を覚えなければいけないのと、条件反射的に対処しなければいけないので初めてのゲームの場合はあっという間に終わってしまうので、大人たちにはやり続けようとは思わない。

特に誰でも簡単にできると言うのは外せなくて、お年寄りや、パパ、ママ、小さい子にも出来る。ちょっと大家族が集まったときにこれをやろうというのであれば、場が盛り上がる。

このゲーム機は今までの流れと大きく違っていた。通常のゲーム機は豪華でグラフィックを高速化し、3次元化しリアルな映像を動かせるようになっていた。

この流れを任天堂はあえて通常のロードマップを破り捨てて、ハイテクを身近に簡単に使えるようにした発想がヒットを生んだ要因だと思う。

開発者は得てして、自分の作りたいものを作ってしまう。この発想はユーザとの乖離を生んでしまう。

マーケットをよく調査していた任天堂の勝ちとなった。

SONYのPlayStation3も捨てがたいが、いかんせん値段が高すぎる。家電として使うには説得できない。ゲーム機以外に強い機能を持たせれば、より魅力的な商品となったであろう。
PlayStation2が魅力的だったのは、まだ高価だったDVDプレイヤーの代わりとして使えた。その頃のDVDプレイヤーは大体6万円から10万円位したので極端にいえば、ゲームをしなくてもDVDプレイヤーとして購入している人が少なからずいた。
惜しいものである。

SONYの経営陣の動きを、はたから見ているとPlayStation3に搭載するブルーレイディスクの製造を邪魔をしているように見受けられた。これは残念だった。


当ブログ内の会社名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。


bentley55 at 08:10│clip!トレンド | ゲーム