2007年のキーワードは大食いつまりダイエットに対するアンチテーゼ

今年、目立ったのはギャル曽根とメガマックかな?

メガマックは恐ろしいほどの分厚いハンバーガーでビーフパティをなんと4枚もはさんだもの。私もマックバーガー1個なんて物足りないので大体4個は買っていたので丁度良い量だわい。

市民権を得ているかどうかは分らないが、元祖!でぶやはもうダイエットなんて無視無視。
ただでさえむさくるしくて、可愛らしい(?)中年男たちが地方に出かけて、ご当地名産物を平らげる姿は、とてもすがすがしい。そう思うのは私だけかもしれないが。

パパイヤ鈴木と石塚はどちらも健康なおデブ様。この二人がにこやかに、パクパク食べる様はこちらまで食欲を増進させる。これ以上おデブさんになってもいいのってくらいの大飯ぐらい。

ギャル曽根は4キロ食べてから少し後に2キロウンチが出たというから、入ったら出て行ってしまうんだよね。食費が大変やろうなぁ。満足できる量を食べる事はそうないだろうからねぇ。

がっつりと食べるのがブームだったのかな今年は。

文中の敬称は省略させていただきます。