松下電工の便器アラウーノはアクリル製。信じられなーい

便器といえば、セラミックというか陶器だった。これが、松下電工が作った便器はなんとアクリル製。そのうえ、便器に洗浄機能が付いている為、掃除がいらないのが売り。

アラウーノを見ていると確かに家電の発想が随所に見られて面白い。
便器の下にはLED照明がついているので夜目が覚めた時に灯りを付けなくても良い。

陶器ではなくて、アクリルで製造する所に技術者の意気込みを感じる。アクリルだと細かい形状を作ることができ、樹脂だから自由な形状が作れる。所がアクリルというのはアルコール系の溶剤に溶けてしまう欠点がある。

これだと洗浄の度に溶けて原型留めなくなってしまう。
それを技術者が独自の配合でクリアしてしまう。

そして、彼らは家庭用洗剤で三ヶ月持つように洗剤のバブルの大きさを調べた。
バブルの大きさで落とせる汚れが違うのである。

実験結果採用されたのが、5mmバブルとマイクロバブルの2種類を使い、激落ちバブルが完成した。


水の流れもユニークだ。渦巻き状に水を流し汚れが落としやすくなっている。
ウンチが渦巻き状に流れていくのを見るのは面白い。

あとこの商品が素晴らしいのは便座と便器に隙間がありその間の掃除が大変であるが、松下電工のそれは隙間をなくし、一体化した。

これで、今後はトレイの便器も自分で選ぶ時代に突入したな。

当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。


bentley55 at 11:54│clip!トレンド