私のボロボロのBMWの歴史

これまで乗ってきたBMWのE30。
今乗っているのは、325iの1988年型。もうかれこれ19歳です。
でもずっと乗ってきたわけではありません。
同じE30を3台乗り換えました。

最初に乗ったのが2ドア323iのスポーツパッケージ1984年モデル、ボディカラーはハンナー・レッドで150馬力このBMWが一番エンジンの振動が少なく、シルキー・シックスという呼称に相応しいモデルです。ハンナー・レッドは日本人にとっては赤というよりは朱色に近く色です。この車は、雪道でつぶしてしまいました。orz
部品取り用として業者に引き取っていただきました。

次に乗ったのが2ドア325eiのMテク仕様1986年モデル、ボディカラーは濃紺で122馬力。しかし、これはEtaエンジンでトルク重視型の低回転エンジンでした。もったりしていて、まるでおデブさんのような感じで重たかったです。前のオーナーのメンテナンスがひどく、エンジンブロックに穴があき、これもまた部品取り用として業者に引き取っていただきました。

で、今乗っているのが4ドア325iの1988年型モデル、ボディカラーメタリック・シルバーで170馬力。シルキー・シックスと呼ぶには震動が大きい車です。時々オートマのギアを2速にして高速道路を回転数を上げて走ります。高速道路を下りるとエンジンが良く回るようになります。いま、これが一番長く乗っています。しかし、もう19年ですと車両価格がなんと25万円です。つまり、ちょっと事故を起こすと25万円以上は出してくれませんので、注意して乗っています。

知り合いは確か1980年型の633に乗っていますが、事故に遭って、車両価格の2倍以上を自腹切って修理したそうです。もうこれは趣味の領域ですからね。ある意味仕方がないかもしれませんが、なんとか超過料金を払ってでも、車両価格を上げてもらう事は出来ないのでしょうか?
保険会社の皆さん検討してくれませんか。新しいマーケットが開けると思いますが。


当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。


bentley55 at 16:59│clip!自動車