外出時の携帯電話のバッテリーギレ。ブチギレ。

って事ありませんか?

外回りをするものにとっては携帯電話のバッテリ切れは死活(?)問題。ちょっと反面うれしい。

特に注意が必要なのが携帯電話が圏外になると、携帯電話がターミナルを探しに行くので、頻繁に信号を出して、圏外を解消しようとします。だから圏外にある時には携帯電話を切った方がバッテリの持ちが良くなります。

そしてその対策として、バッテリが切れた時の為に予備のバッテリを持ち歩く。
または、充電用の乾電池を持ち歩く。
私の場合は手回し用のライト付き充電器を持っていきます。これはガーガーうるさいので静かな所で使用するのは気が引ける。

このごろの携帯電話はワンセグとか、PCサイトを見られるようになってきたので余計にバッテリ消耗が激しい。本来の目的を果たす前に逝ってしまう。

早く、燃料電池式の携帯電話が欲しい。これならば、水を入れた瞬間から動作するのです。不思議なものですよ。燃料電池に水を入れると水素と酸素に分解して電気が発生するのです。充電という概念がないのです。

これからの子ども達は、充電という言葉が死語になっているかもしれない?



bentley55 at 12:53│clip!IT