成田空港へ行く時にはらはらした事。

こんな事ってある?直感で助かった。

成田空港へ行く時に、前の晩から嫌な予感がしたのでちょっと早めに出ました。
いつもは、横浜から成田エクスプレスに乗るのですが、上司との待ち合わせの為東京駅になりました。最初はフライト出発時間の3時間前に到着する時間にしました。成田エクスプレスの乗車時間約一時間を含めると4時間前です。
「ここでも万が一の事があってはまずいのでもう一時間早めましょう。」
という事で東京駅出発で5時間前に設定しました。

出発当日、東京駅に着いたついたとたんに、案の定、電車が人身事故で止まってしまいました。今回は仕事だったのでやば!とちょっと真っ青になりました。

人身事故があったのは、横須賀線です。この路線は横浜・成田空港間はもろにかぶります。

駅員さんに通常の人身事故の場合の復旧はどのくらいかかるのか、確認しました。すると最大でも40分くらいであろうとの事で、待機を決めました。

最悪、東京駅発でフライト3時間前ならば、なんとか、間に合います。

結局は、40分のところが1時間に延びて、フライト3時間前に成田空港に到着しました。

ほっと一安心しました。


後で聞いたところによると、フライトにぎりぎりだった人が続出したそうです。

教訓としては、交通機関がダメな場合を想定しておく必要がある事を実感しました。

エアポートリムジンを使うとか、京成スカイライナーを使うとか、その他オプションを考えておく。

一番確実なのは、成田空港の近くのホテルに泊まる事ですね。高くつきますが寝坊さえしなければ間に合います。


bentley55 at 14:54│clip!人生