自動車保険は2種類あります

自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険は、車検を通る際に必ず加入させられるので強制保険と呼ばれています。この保険の適用範囲は対人補償だけです。

対人補償というのは、相手の怪我や死亡において補償しますが、上限枠があります。上限枠を超えた場合は、自己負担または任意保険を使います。

さて、交通事故などで自分が怪我をしてしまった場合はどうなるのでしょうか?
これも任意保険を使います。任意保険では同乗者の怪我、物損などを補償してくれます。


まとめ

自賠責保険は、
対人補償のみ適用されている。

そのため公共物の破損、相手の車の物損などの修理代、自分や同乗者の治療費などは適用外つまり、支払われない事となっている。

任意保険
自賠責保険で適用されない部分を補っている。
ただし、保険の適用範囲は加入の申し込みした項目のみが適用される。したがって必要な項目をあらかじめ決めておいて、加入するのが良いだろう。

高額な車などは盗難保険もある。

なので、保険屋さんとよく相談しながら加入すると良い。

bentley55 at 12:56│clip!自動車