「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法 石井裕之氏を読んで

この石井裕之氏の本はとても大好きだ。

特に言葉の使い方についてページを割いて説明をしている。

一番いけないのは、出来ないと分かっている事やヤル気もない事は口にしない事だそう。

出来ない事やヤル気もない事を口にすると言葉のパワーが落ちてしまうので絶対やるなと言う。

ではどうすれば良いのか?

必ず実行できることをやる。

まずは、水を飲みますと言って、水を飲む。

このおうな簡単な事を実行していくと言った言葉は現実になると信じ込ませることができる。

この事は水を飲むことが重要なのではなく、言った言葉が現実になるという事を潜在意識に分らせる事が目的である。

そうすると、潜在意識は真剣になり、実現させるようになる。

この本はマーフィの本を読んで、ワークブックとして読むと最強の本である。

この本を読むことで皆さんの成功をお祈りします。


bentley55 at 14:17│clip!人生 | 癒し系