ちょっと高すぎじゃない?1台3億円のスーパーカー

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071206_acabion_gtbo/
ピーター・マスカス博士は、かつてBMWやメルセデス、ポルシェでエンジニアやコンサルタントをしていたことがあり、フェラーリやその他スーパーカー・スポーツカーを運転してきて「スポーツカーは遅くはないけれど、速くもない。二人乗って300ポンド(約136kg)ぐらいなのに、それを運ぶために3000ポンド(約1.4トン)のものが必要なのか」と思い、効率のいい車を求めてこの「Acabion GTBO」の製作にたどり着いたそうです。

このスーパーカーはSUZUKIのオートバイハヤブサのエンジンを使用している。ハヤブサは市販のオートバイでは世界最高速312kmをたたき出して、ギネスブックに記載されている。

現在ではあまりにも高速のため、オートバイは時速300kmでスピードリミットがかかるようになっている。

ようは、市販されている世界高速をたたき出すオートバイのエンジンを使って、700馬力に!!スカイラインGTRが480馬力だからいかにずば抜けているか!
車重は300kgなので、普通車の約1/5の軽さである。燃費も良い。時速100kmでなら、90リットルのタンクにフル給油の状態で2400km走行できるそうです。つまりは26.6km/リッターなわけです。でもこのスーパーカー時速540km以上で走れる。

そこにロケット型のボディをかぶせている。

バイクより地面に近いのでスピード感があるだろうなぁ!怖そうですね。

後ろからみるとバイクと変わりませんが、3億円はちょっと高いじゃありませんか?
もうちょっとマーケティング的に希少性を高めた方が良いと思いますし、ブガッティのベイロンの方が安いでっせ!


bentley55 at 17:33│clip!自動車