憧れの車BMW M1を見ました。(写真あり)

2703678d.JPG
これは、本当にびっくり。
BMW M1を見ました。写真をクリックすると拡大します。

このBMW M1はジョルジェット・ジウジアーロのデザインによるものである。私は彼のデザインした車が大好きでいすず自動車のPIAZZAを買ったほどのバカが付くファンである。

また日本では全くなじみがないが、オートバイのSUZUKIがロータリーエンジン登載のRE-5というモデルもジョルジェット・ジウジアーロがデザインしている。

さて、話を戻して、このBMW M1はミッドシップ・レイアウトで、M88型3.5リッターDOHCの直列6気筒のエンジンを積んでいる。

エンジン・パワーは277馬力。今となっては非力であるが当時としてはハイパワーの車だった。

当初シャーシーはランボルギーニ社にて生産されていたが、あまりにも生産の遅さにBMWが打ち切った。

そして、難産の末に生まれた車だった。
このBMW M1はモンスターひしめくグループ4であるツーリング・カー・レースに間に合わせるようにしたが、翌年レースのレギュレーションの変更に伴いM1のスポーツ活動は終わってしまった。

ゆえに生産台数はたったの447台の上に価格が2650万円もした。

その447台のうちの1台が目の前に!!

感動したのでこのBMW M1の写真を撮る許可をもらってパチリしました。

当時はスーパーカーと呼ばれていただけあって、車高は1.1メートル。低いですね。Ferrari並です。車重はFRPを使っていたので、わずか1.3トン。

このBMW M1が発表されて、もう27年も経っているが、古臭さを感じない。ただ、車内を見るとさすがに古く感じる。それは、アナログ・メーター、スイッチ・パネル、シフト・レバーがそれを強調している。

この若いころの憧れの車が目の前に現れたので驚き、またイタリアデザインの斬新さには心から感心する。

どのように考え抜けばそのようになるのであろうか?

イタリアのデザイナーの凄さに脱帽だ。

当ブログ内の会社名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。


bentley55 at 00:20│clip!自動車