ニュージーランドが生んだクリスタル・ボイスのヘイリーが来日決定!

やったー。また来日だ。

アイルランド系ニュージーランド人のヘイリー・ウェスティンラ。彼女は2008年1月現在まだ20歳。

彼女の声は一度聴いたら忘れない。
とていうか、聞いたら鳥肌が立ち、何だこの声は?

「まるで楽器のようだ。」

楽器の音楽に溶け込んでしまい、まさにクリスタル。

どうしてこんなに透明感がある声が出せるのだろうか?

声がきれいなだけではない、情感もある。

ヘイリーはCletic Woman(ケルティック・ウーマン)にも属している。(2006年8月から2007年前半まで)

Cletic Womanはアイルランド人によって構成されているグループであるがヘイリーは、祖先がアイルランド人という事でグループに加わっている。

それでも、ヘイリーは声という容貌といい他のメンバーより際立っている。

私は、初めて彼女の「Scarborough Fair」を聴いたら、もう釘付け。

サイモン&ガーファンクルのオリジナルとは違って完全に彼女の世界。YouTubeで聞いてみたがまたまたハマってしまった。

サラ・ブライトマンもいい。

のだめカンタービレといい、ヘイリーといい、クラシック音楽がまた脚光を浴びてきた。

いい傾向だ。クラシックは心を落ち着かせてくれる。

なにしろ、何百年も前のヒット曲だからね。

ここが不思議。

どうして、何百年も経っても、良いと思うんだろう。


bentley55 at 11:57│clip!エンターティメント | 癒し系