70年代のバイクCB400Fourの思い出

またまたご近所さんとのバイク談義が始まりました。CB400Fourのレストアについてです。

今回は、CB400Fourです。このバイクは発売された当時1974年は、画期的な集合管マフラーをひっさげて登場しました。

しかし、このバイク排気量が2種類あり408ccと398ccがあり、中型免許の人が408ccを乗ると限定違反になってしまうので注意が必要です。いまは、大型2輪免許も教習所でとれる様になりましたから、そちらへいってチャレンジするのもいいかもしれません。

見分け方は、近所さん曰く、

・一番分かりやすいのがエンジンの排気量の刻印
・スイングアームの形状
・フレームの形状
が違うのだそうです。

もっとも現在見ることができるCB400Fourは輸出仕様だそうです。販売された期間が1974年から1977年と短期間の生産だった為、現存するバイクが少ないそうです。

ところが近年の旧車ブームで業者が世界中からこのバイクCB400Fourを集めているそうな。
その為に各国仕様になっている為部品が違うので注意が必要だとの事。

一番分かりやすいのが、スピードメーターです。アメリカからの逆輸入だとマイル表示です。このままだと車検に通りません。従って、国内の絶版車ショップからスピードメーターを購入し、交換したそうです。

凄いですね。これらのバイクの部品はほとんど手に入りませんので大変です。

ネットオークションや、バイク屋さんに行って買うそうです。気長にやることが重要だと言っていましたね。

今のバイクと違って構造が簡単なのでメンテナンスしやすいので楽だそうす。昨今のバイクはコンピュータ制御されていますからね。

1960年代からのバイクは、日本の産業の発達と一緒に世界を圧巻していった時期です。日本の4大メーカがそのまま世界市場に出ているわけですからね。

またホンダはバイクだけではなく、自動車メーカとしても有名です。バイクと自動車を生産しているメーカは世界でも数が少ないです。

有名どころで言うと、ホンダ、スズキ、BMWでしょうか?昔はトライアンフという英国のメーカもありました。

CB400Fourはこれからも書いていくつもりです。



bentley55 at 10:35│clip!バイク