バイク

70年代のバイクCB400Fourの思い出

またまたご近所さんとのバイク談義が始まりました。CB400Fourのレストアについてです。

今回は、CB400Fourです。このバイクは発売された当時1974年は、画期的な集合管マフラーをひっさげて登場しました。

しかし、このバイク排気量が2種類あり408ccと398ccがあり、中型免許の人が408ccを乗ると限定違反になってしまうので注意が必要です。いまは、大型2輪免許も教習所でとれる様になりましたから、そちらへいってチャレンジするのもいいかもしれません。

見分け方は、近所さん曰く、

・一番分かりやすいのがエンジンの排気量の刻印
・スイングアームの形状
・フレームの形状
が違うのだそうです。

もっとも現在見ることができるCB400Fourは輸出仕様だそうです。販売された期間が1974年から1977年と短期間の生産だった為、現存するバイクが少ないそうです。

ところが近年の旧車ブームで業者が世界中からこのバイクCB400Fourを集めているそうな。
その為に各国仕様になっている為部品が違うので注意が必要だとの事。

一番分かりやすいのが、スピードメーターです。アメリカからの逆輸入だとマイル表示です。このままだと車検に通りません。従って、国内の絶版車ショップからスピードメーターを購入し、交換したそうです。

凄いですね。これらのバイクの部品はほとんど手に入りませんので大変です。

ネットオークションや、バイク屋さんに行って買うそうです。気長にやることが重要だと言っていましたね。

今のバイクと違って構造が簡単なのでメンテナンスしやすいので楽だそうす。昨今のバイクはコンピュータ制御されていますからね。

1960年代からのバイクは、日本の産業の発達と一緒に世界を圧巻していった時期です。日本の4大メーカがそのまま世界市場に出ているわけですからね。

またホンダはバイクだけではなく、自動車メーカとしても有名です。バイクと自動車を生産しているメーカは世界でも数が少ないです。

有名どころで言うと、ホンダ、スズキ、BMWでしょうか?昔はトライアンフという英国のメーカもありました。

CB400Fourはこれからも書いていくつもりです。



bentley55 at 10:35|Permalinkclip!

超クールだね!米ギャップと「ベスパ」のコラボスクーターが登場



日本では、オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックの「ローマの休日」で乗っていたバイクというかスクーターがベスパだった。

映画で使われていたベスパは良いコマーシャルになった事だろう。

この頃のべスパはムッソリーニの軍需産業から抜け出して、平和へのレジャーとして生まれ変わったばかりだった。

ベスパは生い立ちからして変わっていた。

オートバイには半ば常識であるフレームを持たなかった。

モノコック構造を採用し、エンジンを後輪に配置し、ガソリンタンクをシートの下にもっていった。そのデザインにより足を上げてまたがるスタイルをやめた。

また、ギアチェンジはグリップで行うため、靴を傷める事が無くなった。
まさにイタリアの伊達男の為に生れたスクーターだ。

このあたりがイタリアの新しい物への挑戦するアイディアというか産業への意気込みを感じる。

映画に出てくるのは1951年型のべスパで前輪のフェンダーにライトがあるタイプ。

今回は近代的になったカラフルなGAPのアイコン的なストライプ模様を活かしたデザインとなっている。

これだと、どんなファッションが似合うのかなぁ?

着ていく服に困るスクーターだなぁ。

当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 12:36|Permalinkclip!

ホンダ 1982年モデルCB750Fの思い出

このオートバイは、音が良かった。
1988年まで乗っていた。

アクセルをクィクィクィと吹かすと「ウォン、ウォン、ウォン」と唸る。
バイクの音はインラインフォー(直列4気筒)に限る。

いままでいろいろなオートバイを所有してきた。
GT380、MidnightSpecialのXS650、CB750F、XT250、RZ350、Z250LTD、YSR50、SR400、VF750ヨーロッパ仕様、マグナV45 750、Virago400、Z1000等々

CB750Fの音がやはり、良い。V型のエンジンも、単発も、バーチカルツインもそれぞれ味があった。

このバイクの車重は乾燥重量で240Kg前後だったと記憶している。
取り回しも楽で乗りやすかった。
パワーは74馬力。乗り慣れてくるとオートバイの方が「もっと早く走ってくれよう」と誘ってくる。スピードへの要求は際限がない。無茶なスピードは身の破滅だ。

この辺は自分との戦いであり、自分の腕を超えたライディングは死を迎える事になる。まさにオンザエッジという感覚だった。

早く走りたい気持ちを抑えながら走る高速道路では、風と一体感になり、風景が後ろへ流れていく。この感覚がこごち良い。

しかし、このバイクを手放した。それは仕事があまりにも忙しくなりすぎて乗る暇がなくなったからだ。

私が手放す頃は、しげの秀一の「バリバリ伝説」が流行っており、かなり人気があった。
いまでも時々「バリバリ伝説」を見るが、このオートバイのかっこ良さは当時ではぴか一だっと今でも思う。

しばらく前に、CB1100Fに乗ってみないかと誘われ乗ってみたが、物足りなかった。
排気量は350ccほどアップしてパワーもあるのだが、オートバイが安全制御しているのでライダーの意図が無視されてしまうオートバイになってしまった。安全の為にはそれが良いだろう。

たまにCB750Fを見ると乗っていた頃の風景を思い出す。


当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 12:53|Permalinkclip!

ホンダCB92のお話

またまたご近所さんに逢いました。

今度はCB92のお話でした。

このバイクはホンダがマン島レースで優勝した記念に発売されたものだそうです。
1959年にはすでに250ccで4気筒があったそうですから、さすがはホンダです。

で、このレースで使われていたエンジンのうち4気筒を半分にして125cc(厳密には124.76cc)にして発売された。

このご近所さんはこのバイクが気にっていたようです。
当時で15万円ですから、結構な値段ですね。

このバイクの特徴は赤いフレーム。目立ちますね。
前輪の半分以上を占めるドラムブレーキ。とてもよくブレーキが利きそうですね。

驚くのはこのバイクの回転数。最大出力を絞りだすのに1万回転まで伸びるんです。
工作精度が高くないとそんな回転数はだせません。

しかし、凄い会社というのはその生い立ちからして凄いのかと感心してしまいました。

感心している場合ではない。自分も頑張らないと。。。


当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 17:07|Permalinkclip!

先進の技術を持ったBMWのオートバイ

BMWのオートバイは私にとって高嶺(高値)の花だ。
写真を見るのが楽しみなのだ。この手のバイクは。

BMWのバイクは、生まれた時からすでにシャフトドライブを使っており、チェーン駆動はない。BMWのバイクは1929年にはスパーチャージャーが装着されたR63が時速216Kmを打ち立てた。そして1937年に時速279Kmという世界記録をだしてからは1951年まで破られることはなかった。(すご!)

BMWのバイクのサスペンションはとてもよかったので軍からの評価が高く当時の軍に採用された。いわゆるナチスに採用されたって事ですね。

余談ですが車はVolkswagenが採用されていました。それはサハラ戦争に勝つには水を使わない車が必要だったからだそうです。そこでフェルディナンデ・ポルシェ博士が開発した。

当時の花形として、BSA、トライアンフ、ノートン、ブラーフスペリアーなど英国のバイクも幅を利かせていたがBMWのバイクには敵わなかった。

そして、現在に至る。魅力は今も劣らない

当ブログ内の会社名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。



bentley55 at 16:25|Permalinkclip!

CB77 タイプ1ってどんなバイク?

またまたご近所さんにお会いしました。
たまたまその日は、とても早く仕事が終わったので立ち話もなんですから、ファミリーレストランへお誘いしました。

今回はホンダのCB77タイプ1のオートバイのお話が出てきました。

最初お話を聞いていた時にはわからなかった事なんですが、昔のオートバイは今と違ってモデル名を表記しておらず、メーカ名だけがタンクにあるくらいだそうす。

私はホンダのCB72は知っていましたが、CB77は知りませんでした。
このバイクはCB72を305ccにボアアップしたもので、外観上では区別がつかず、マニアでないとわからないそうです。

しかもタイプ1になるとイグニッションコイルが2個あるかないかと、着座した場合、右側スパークプラグの上についているカバーを見ないと判明しないそうな。

市場に流通していたCB77のタイプ1はなんと1000台に1台しかなく非常にレアだと言っていました。

実際インターネットで調べてもあまりCB77のタイプ1に関する記述はあまり載っておらず、CB72の兄弟みたいな扱いですね。実際そうかもしれません。

しかし、私とは20歳以上も年が離れていますが、時代を超えてバイクマニアは風を切る楽しみは同じ事を実感しました。


当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 08:22|Permalinkclip!

すごっ!ヤマハ四輪モータサイクル「Tesseract」(テッセラクト)

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20071026_tms_yamaha/

東京モーターショー2007のヤマハのブースから四輪モータサイクル「Tesseract」(テッセラクト)の写真とムービーをお届けします。このオートバイは、当たり前ですがただ単にオートバイを2台くっつけただけでは無いようです。エンジンは水冷Vツインエンジンとモーターのハイブリット方式を採用し環境にやさしく、また4本のタイヤで安定したグリップを得ることができるようです。もちろんコーナリングは車体を傾けながら走行するようです。四輪車ですがどうやらオートバイのようですね。

おうすごいデザインだ。
YAMAHAは昔からクールなデザインのバイクを製造してきた。

SR-400、V-MAX、RZ-250、FZR750,Viragoなどなど、今回このGaigazineのサイトで取り上げているバイクは、まるで映画のトランスフォーマーみたいだ。

あたかかも、今は眠っていて、バイクが目を覚ますと立ち上がってライダーを振り切って逃げそうだ! そんな事はありえないか!

このようなバイクが走れば、ヘルメットは不要なんだろうなぁ。

冬でもチェーンを装着すれば走れそうな感じだね。

ハンドルからシートまで遠そうだな。大柄な人向きのバイクかな?

フルカウルにすれば、これは自動車ですね。

このバイクのコンセプトが知りたい。


当ブログ内の会社名・商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。尚、当ブログ内では®等を記載しておりません。

bentley55 at 03:20|Permalinkclip!

ホンダの古いバイク CB72 タイプ1

定年退職したご近所さんとばったり顔合わせ。この方とは同じ会社の車を持っているので仲良くなりました。車の話ばっかりしていましたが、ある日ノリックが死亡した事を話をしました。年を召されているので知らないだろうと思い、話をしました。すると、もしかして安部典史?そうか。バイクレーサかぁ。
と言って別れました。

しばらく後、そのご近所さんから電話を頂きました、昔乗っていたオートバイの写真があるから見に来ませんかとの事でした。

するとホンダが1961年にマン島レースで優勝した125CCのオートバイを4気筒から2気筒へダウンして販売されたオートバイを乗っていた話から始まりました。で、見せていただいた写真は、その次に購入したホンダのCB72タイプ1でした。

このタイプのバイクは非常に珍しく、不等間隔爆発である180度クランクで高速型だそうです。タイプ2が一般的に販売され、360度クランクで等間隔爆発に中低速優先型です。そのうえ、この方は冬用のお湯タンクを取り付けて、エキゾーストパイプから熱をとり、燃料タンクの上につけたお湯タンクを通り、ハンドルグリップ→燃料タンクの横(足で挟む部分)→シートとお湯が回り、カウルがない時代ではこれで、激寒をしのいでいたそうです。

ちなみにCB72とは72ccという事ではなくモデルナンバーだそうです。今は基本的に排気量がつけられますが。昔はモデル数が少なかったのでそれで通用したんでしょうね。

私の方のレアな話といえば、アメリカにいたときにバイクメーカのスズキからRE5 Rotary(ロータリーエンジン)を見かけました。このバイクは1974から1976年の2年間だけ販売されていたようです。当時としては珍しくエンジン用水冷ラジエターとオイル用油冷ラジエターとさらにサイレンサー用冷却システムを所有していました。
当時日本で販売されなかったのはマツダの特許に引っかかるからでしょうかね?
エンジン音も独特でした。
「ビーーーン」
とモータが回るようなサウンドでした。

アメリカで販売されていましたので、Suzuki,RE5,Rotaryと検索すると見つかります。ほとんど英語です。日本語では少ないですね。

世界で初めて量産型オートバイでローターリーエンジンを出したスズキ。
久々に日本が誇るべき技術者魂が素晴らしいオートバイをサイトで見ました。

以上古ーいお話でした。

bentley55 at 11:45|Permalinkclip!